ニコチンの禁断症状を軽くする飲み薬チャンピックス

「チャンピックス」は、禁煙をすることを目的にした飲み薬です。

喫煙をすると、脳のニコチン受容体にニコチンが結合してドーパミンを放出します。

チャンピックスがニコチン受容体に結合することで、ニコチンよりも少量のドーパミンを放出します。

この働きにより、ニコチンを摂取しなくても、ニコチン欠乏症に対処することができます。

また、チャンピックスには喫煙をした時の、ニコチンが受容体と結合をするのを邪魔する働きがあります。

この2つの効果が、チャンピックスの効果となります。

チャンピックスの成分は、「バレニクリン酒石酸塩」という喫煙欲求を抑えることができる成分が使用されています。

チャンピックスを服用するには、医師の処方が必要となります。

服用の方法としては、まず禁煙を開始する予定の一週間前から服用を開始します。

服用の方法は、食後に水またはぬるま湯で飲むようにします。

そして、服用を開始してから8日目に禁煙をスタートし、合計で12週間の間服用することになります。

服用している間の注意点としては、服用期間を待たずに禁煙ができた場合でも、自己判断でチャンピックスの服用を停止せずに、医師の指示に従い正しく服用することが大切なことになります。