禁煙時の離脱症状を軽減してくれるお薬チャンピックス

チャンピックスは禁煙補助剤として用いられる内服薬です。

チャンピックスの有効成分はバレニクリンという物質でニコチン受容体のパーシャルアゴニストです。

ニコチン受容体は脳内に存在し、これがニコチンによって刺激されるとドーパミンの放出を促進します。

このドーパミンによって脳内は快楽感を感じます。

これこそがタバコに含まれるニコチンが体を気持ちよくさせるメカニズムです。

もし禁煙によってニコチンが体内で増えないと、ドーパミンの放出が少なくなり快楽感が得られなくなり離脱症状が現れます

この離脱症状こそが禁煙が失敗に終わってしまう一因となります。

しかしチャンピックスはニコチン受容体のパーシャルアゴニストであるため、ニコチン受容体を遮断しつつも、程よい刺激をニコチン受容体に起こし続けます。

これによって離脱症状が軽減され、禁煙の助けとなるのです。

このチャンピックスの服用で注意すべきことは吐き気、悪心といった消化器系の副作用が起こりやすいことです。

これは特に飲み始めの時期に起こりやすい副作用です。

また脳神経に作用するため、眠気やめまいといった副作用が起こることがあります。

これらの副作用が激しい場合には医師に相談しましょう。