禁煙時のイライラした気持ちを抑える内服薬チャンピックス

チャンピックスは禁煙の為に使用される薬です。

ニコチンよりも少ない量のドーパミンを放出し、落ち着かないイライラした気持ちを抑える働きがあります。

また、タバコを吸っても満足する気持ちを感じにくくさせる効果もあります。

チャンピックスは他の薬と違い、禁煙を開始する前から飲み始めます。

おおよそ禁煙予定の1週間前から服用をはじめ、服用の8日目に禁煙します。

第1週目では徐々に量を増やし、第2週目から第12週はさらに量を増やします。

チャンピックスは禁煙成功率も高い薬ですが、脳内の受容体に作用する薬でもあるので副作用が出ることがあります。

意識がもうろうとする、吐き気、頭痛、お腹の張り、便秘、躁うつ状態などがあります。

特に吐き気は比較的出やすいので、吐き気を感じないようにするためにも必ず食後に服用するようにします。

その際、コップ1杯の水と共に飲むと良いでしょう。

どうしても吐き気が治まらないときは処方してもらった医院にて吐き気止めを出してもらうこともできます。

なお、眠気に関しては個人差があり、不眠になる方もいます。

ですが、眠気も多い副作用であるので、服用後は車の運転や危険物の取扱、重機を使っての作業をしないようにします。