ニコチンを含まない禁煙補助内服薬チャンピックス

チャンピックスとはバレニクリン酒石塩酸を主成分とする、国内初のニコチンを含まない禁煙補助内服薬です。

喫煙をすると、ニコチンが脳内のニコチン受容体という部分に結合することによって脳内にドーパミンが増え、快感を覚えます。

バレニクリン酒石塩酸もまた、服用することによってドーパミンを放出する働きがあるため、煙草を吸いたいという欲求を抑えることができます。

また、禁煙中にもかかわらず、つい一服してしまった時もニコチンが受容体に結合するのを阻害して、おいしいと感じる満足感を得られないようにする働きがあり、そのことによって禁煙を助ける効果をもたらします。

チャンピックスを用いた禁煙スケジュールは12週間です。

最初は喫煙しながら、0.5㎎のチャンピックスを1日一回服用して禁煙に対する準備を行います。

その後徐々に量を増やしていき、それに伴い完全に禁煙を行うというスタイルをとっていきます。

また、服用は食後、コップ一杯の水で行うと副作用が出にくくなります。

食事ととることによって内臓への負担が減り、吸収もよくなります。

コップ一杯の水とともに服用することで粘膜を保護し、胃腸への負担も減ることとなります。

よく見られる副作用は吐き気、便秘、頭痛などです。

また気分の落ち込みなどもみられる症状ですが、これは禁煙自体で起こることもあります。

尚、統合失調症やうつ病などの持病のある方は病状の悪化に注意することが必要です。